2015年12月22日

ジョセフ・アントワーヌ・モルテド

アングルは、1806年にフランス・アカデミーの賞学生
としローマに到着し、その後14年間をイタ1)アで過
ごした。彼は、ローマに漏還されたナポレオンの高官
たちの多くに引き立てられ、またローマ在住の大勢の
フランス人社会の人々や、グランド・ツアーで訪hる
遥名なイギリス人たちの肖像西を描いた.この作品の
モデルは、ナポレオンと陶じコルシh生まれの7ラン
ス人実業家ジョセフ・アントワーヌ・モルテド/1775
生まれ)とされている。
001.jpg
彼は1803年から14年にかけて口ーマ郵便局長を務め、
この肖像西が湖作された頃は
30代であったと思われる。背景には、コDッセウムと
アッビア街週が見えている。アングルは、モテルの自
信に満ちた態度を、彼の特色である非の打ちどころの
ない技法でとらえた。
posted by ft5hu7s1 at 17:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする