2016年01月06日

フラット・アイアン

1902年にマジスン・スクエアに建設されたフラット・
アィアン・ビルの際立った高さとダイナミックな形
は、のビルを世紀の転換期の写真家たちのお気に
入りの被写体した。当コレクション所蔵のエドワード
スタイケンの《フラット・アイアン)(1904年、1909
年にブリント)の3点の大きなブリントは、それぞれ色
001.jpg
合いが異なるが、ともに近代都市の環境におけ6薄明
かりについての第五元素としての色彩の研究をなして
いる。この写奥のうっとうしい、絵画のような効果
は、プラチナ・プリントに軽い感光性のアラビアゴム
と重ク口ム醜垣カリウムの溶液に懸濁した絵の具を塗
り加えて達成されたものである。

平坦な今胃図は明らかに、当時流行しzいた日木の木版
画に、色彩効果はホイッスラーの夜景画に負ってい
る。この写奥は.アルフレッド・スティークリッソの
仲間の写奥家たちが、写真の本物らしさと当時の芸術
のヴィジョンとをまぜ合わせるという方法で。世界に
ついての彼らの経験を表現しようと努力した最初の例
である。
posted by ft5hu7s1 at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする