2016年04月26日

高校トイレで女子生徒殴られ死亡 

米デラウェア州にある高校のトイレで、1人の女子生徒が暴行を受けて死亡した。学校の中で起こった事件に地域住民は大きなショックを受けているようだ。『dailymail.co.uk』など複数のメディアが報じている。

今月21日、デラウェア州ウィルミントンのハワード・ハイスクール・オブ・テクノロジー(Howard High School of Technology)に通う高校2年生エイミー・アニ-タ・ジョイナー・フランシス(Amy Inita Joyner-Francis、16)さんが、校内のトイレで複数の女子生徒に殴られ死亡した。

口論が始まったのは午前8時15分頃。当時トイレの一室にいたカーヤ・ウイルソンさんは「最初はエイミーさんと1人の女子が、ある男子生徒のことでもめているようでした。しかしすぐに何人かの女子が加わると、エイミーさんをひざまずかせて殴る蹴るの暴行を加えたのです」と地元メディアの取材に応えている。また、現場を目撃した生徒は「エイミーさんはある女子に髪の毛をつかまれ、トイレにある洗面台に頭を叩きつけられていました。これが致命傷になったのかもしれません」と証言した。
posted by ft5hu7s1 at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

聖ヨハネ像

この聖ヨハネ像は.トネール(イヨンヌ県)のノートル・ダム・デ・フォントニーユ病院礼拝堂にある大型石灰岩製の《埋葬群像》に先行する,ブルゴーニュ彫刻の一時代を代表する作品であろう.この群像の福音占記者聖ヨハネは,顔や髪の肉付けにおいて,部分的クロイスターズの彫刻を思わせる一方.肩を越える衣文は,より量塊性があり堅固であると同時に鋭角的効果をあたえている.トネールの群像についての記録によればにのモニュメントはジャン・ミシェルとジョルジュ・ド.ラ・ソネットより1453-54年に彫刻された(ウイリアム・H.フオーサィス「キリストの埋葬,15,16世紀のフランス彫刻」1970年, pp.65-69,188, figs.88,92).
1.jpg
posted by ft5hu7s1 at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

いまだ未発表のこの錠の装飾は,ゴシック建築の美学があらゆる分野に普及していたことを例証する.というのは。本作品の形態があきらかにフランポワイヤン様式の語彙に頼っているからである.中央のキリスト像は人念に作られた血の中に立っている.
2.jpg
両側では,火炎模様と百合花模様の透かし彫り狭間飾りが優稚なオジー・アーチの中におさまっている.福音書記者聖ヨハネは,聖驚杯を手に.右端の建築的天蓋の下に立っている.他方。おそらく聖小ヤコブであると思われるが.名前のわからない聖人が杖と本をもって。
posted by ft5hu7s1 at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする