2016年05月31日

ピエール=オーギュスト・ルノワール

リモージュに生まれ,幼い頃,家族と一緒にパリへ移る.13歳のとき陶器製造業者のところへ見習いに行く.1861年グレールのアトリエに人り,そこでモネ,バジール,シスレーと出会った.翌1862年にはエコール・デ・ボザールへ人る.1864年から1890年にかけてしばしばサロンに出品し,1874年にはじまる印象派展に数回参加している.
1.jpg
1892年デュラン=リュエルの行なった回顧展で成功を収め,ついに世間に認められ,経済的にも安定するようになった.晩年の25年間は関節炎をはじめその他の病に苦しんだが,絵はやめることなく描きつづけた.1880年代はじめには,それに先立つ10年間の純枠な印象主義への反動で,よりかわいた,古典的な作品へと転じている.そしてその後も亡くなるまで。新しい絵画表現の手段を!用発しつづけた.しばしば南仏で制作し,最後はニース近郊のカーニュに落ちつき。1919年.そこで死去した.
posted by ft5hu7s1 at 10:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

キオス島の虐殺

1.jpg
1824年には《キオス島の虐殺》(ルーヴル美術館蔵)をサロンに出品するが,人々の反応は伏疑的であった.その独特な絵共の塗り方と非対称的構図が,整然とした。より線的なダヴィッド風古典主義の作品とあまりにも対照的だったからである.初J切のアカデミーの画家たちとは異なりイタリアへ行く必要性を感じなかったドラクロワは,かわりに,1825年ィギリス,1832年モロッコを旅行し,モロッコでは多くの東方風主題の着想を1!》た.アカデミックな手法とは異なったその独自の様式にもかかわらず公的な注文も数多く受け。ブルボン宮殿く現国会2義.lf堂)やルーヴル宮殿のFアポロンのIII,およびサン=シュルピス教会の壁画を制作している.
posted by ft5hu7s1 at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

サメに襲われた女性

アメリカ・フロリダ州で15日、20代の女性がサメに襲われた。『sun-sentinel.com』が伝えている。

フロリダ州パームビーチ郡ボカラトンはフロリダ半島の大西洋岸側に位置し、白い砂浜で知られる美しい町である。エバーグレイズ野生動物保護区から数十キロしか離れていないレッド・リーフ・パーク海岸で15日午後1時20分頃、23歳の女性が2フィート(約60センチ)のコモリザメに襲われた。救急隊員のボブ・レモンズ氏によると、サメはすぐ殺されものの女性の噛みついた腕から離れず、そのままの状態でボカラトン病院に運ばれたという。

その時シュノーケリングをしていたというボカラトン出身のネイト・パクター君(11)は「コモリザメの尻尾をもって振り回しているグループを見た」と証言。女性がサメを弄んでいたグループの1人であったかは不明だが「サメは本来非常に臆病な生き物。刺激しない限りそうめったに襲われることはないよ」とネイト君。女性の場合は襲われた個体が小さかったため軽傷で済んだが、コモリザメは鋭い歯を持つことで知られ、一度噛まれると数分間は離れないことが多いという。大きいものは14フィート(約430センチ)にもなるが、夜行性で日中の動きは遅く岩の隙間などで休んでいるそうだ。
posted by ft5hu7s1 at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする