2016年07月05日

マドレーヌ・カスタン

1.jpg
マルスラン・カスタン夫人と2人の兄弟はコスモポリタン的な生活をファッショナブルに送っていたが,3人とも特に美術と室内装飾に興味を抱いていた.夫人はパリで優れた古美術商となり, 18世紀イギリス家具の趣味を紹介する役割を果たす.

1927年に夫人はスーチンに,多分彼の初個展の際に出会い,その作品に感嘆して,夫妻で1932年,彼の画商が没して以後に.彼の生活保証と支援を中し出る.その代りに夫妻は数点の絵画を得て,後年いくつかが売りに出された.スーチンはこの内像画の注文を1928年に受けた.
posted by ft5hu7s1 at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする