2016年07月12日

当時の欧米の美術家の作品を改製

ローランサンはこの作品を特に1923年。「ザ・ダイヤル」誌の発行による「リヴィング・アート」と呼ばれたフォリオ版の複製画に選んだ.「ザ・ダィヤル」はスコフィールド・ザィヤーが刊行するアメリカの文学・美術雑誌で,当時の欧米の美術家の作品を改製.掲絞していた.

この者描を含む一連の作品やローランサンの絵画《集い》などのセィヤーの広範囲なコレクションは1982年当館に遺贈された. 恐らく早い習作(着色,寸法は少し小さい)と,1919年のもっと大きい油粉カンヴァス作品(パリ国立近代美術館蔵)にも表われる.後者では建築的な背疑と岩が大洋と船に置き換えられている.
1.jpg
posted by ft5hu7s1 at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする