2016年01月29日

ウォーリック城壁、東面

ヴェネツィアの町の景観をきわめて詳細に描いた画家として最もよく知られているジョヴァンニ・アントニ・アントニオ・カナーレ、通称カナレットは、1746年から1756年までの10年間を口ンドンで過ごし、口ンドンの町や
イギリスの田舎を英国の後援者たちのために描いた。

ブルック卿、後のウオーリック伯爵フランシス・グレ
ヴィユのために、2枚の東面のものを含め、5枚のウォ
ーリック城の眺めを描いた。この軽やかな光に満ちた
素描は、これもブルック卿のために制作され、現在,べ
ーミンガムの市立美術館および画廊にかかっている絵
画のための準備デザインとして使われた。
posted by ft5hu7s1 at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: