2016年04月26日

高校トイレで女子生徒殴られ死亡 

米デラウェア州にある高校のトイレで、1人の女子生徒が暴行を受けて死亡した。学校の中で起こった事件に地域住民は大きなショックを受けているようだ。『dailymail.co.uk』など複数のメディアが報じている。

今月21日、デラウェア州ウィルミントンのハワード・ハイスクール・オブ・テクノロジー(Howard High School of Technology)に通う高校2年生エイミー・アニ-タ・ジョイナー・フランシス(Amy Inita Joyner-Francis、16)さんが、校内のトイレで複数の女子生徒に殴られ死亡した。

口論が始まったのは午前8時15分頃。当時トイレの一室にいたカーヤ・ウイルソンさんは「最初はエイミーさんと1人の女子が、ある男子生徒のことでもめているようでした。しかしすぐに何人かの女子が加わると、エイミーさんをひざまずかせて殴る蹴るの暴行を加えたのです」と地元メディアの取材に応えている。また、現場を目撃した生徒は「エイミーさんはある女子に髪の毛をつかまれ、トイレにある洗面台に頭を叩きつけられていました。これが致命傷になったのかもしれません」と証言した。
posted by ft5hu7s1 at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: