2016年05月24日

キオス島の虐殺

1.jpg
1824年には《キオス島の虐殺》(ルーヴル美術館蔵)をサロンに出品するが,人々の反応は伏疑的であった.その独特な絵共の塗り方と非対称的構図が,整然とした。より線的なダヴィッド風古典主義の作品とあまりにも対照的だったからである.初J切のアカデミーの画家たちとは異なりイタリアへ行く必要性を感じなかったドラクロワは,かわりに,1825年ィギリス,1832年モロッコを旅行し,モロッコでは多くの東方風主題の着想を1!》た.アカデミックな手法とは異なったその独自の様式にもかかわらず公的な注文も数多く受け。ブルボン宮殿く現国会2義.lf堂)やルーヴル宮殿のFアポロンのIII,およびサン=シュルピス教会の壁画を制作している.
posted by ft5hu7s1 at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: