2016年06月21日

天翔ける人

1.jpg
ロダンは人体像の断片を独立した芸術作品として提唱した先駆者だった.断片的な彫刻はロダンの同時代人にとって目新しいものだった訳ではない.ヴァチカンの《ヴュルヴェデーレのトルソ》のような古代ギリシア・ローマの断片となった彫刻は,伝統的に賞賛されてきたし.

それは19世紀の美術学校の教育においても中心的な位置を占めていた.エコール・デ・ポザールの学生は.そうした古代彫刻の断片を研究し。手本とすることを学んだ.しかしそれは未完成の作品.意図されず偶然にできた破損物であり.実際のところは人体の完全性と美という古典的な理想を!子治するものと見倣されていた.
posted by ft5hu7s1 at 11:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: