2016年09月26日

いつも重要な役割を果たしていたこと

既に1700年頃に、アントウェルべンの歴史家バべブロヒウスは、この型者が選択された理山を、当|昨この兄弟会はへルマン・スプライト神父によって指導されており、この人物が自分の洗礼名の聖人を崇めようとしたためということに帰着させている。
1.jpg
だが恐らく実際の理由は、かつてアントウェルべンにおけるプレモントレ会は、この会の創設者型ノルべルトが自分の都市の守護型人とされていることと、最古のプレモントレ会修道院の一つである聖ミカエル大修道院の存在とによって、いつも重要な役割を果たしていたこと。
posted by ft5hu7s1 at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: