2017年08月10日

「フェンディ」、ラガーフェルドの三度の挨拶

 5日間にわたるパリ オートクチュールファッションウィーク最後の大きなショーとして、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)の「フェンディ(Fendi)」は、エキセントリックでありながら本当に美しいコレクションを披露してくれた。

 地中海の森を思わせるセットには神話的な雰囲気が漂う。キャラメルのアストラカンコートはクラインブルーのフォックスファーで縁取り、ビターオレンジのカクテルドレスにはアストラカンの身頃にフォックスファーのフレアースカートが。特に、ホワイトのロングファーコートにレッドポピーをあしらったモデルや、毛足が短いミンクコートとケープに水彩画のような加工を施したルック、そしてレースのヴィクトリアンブラウスを合わせたカラムのニットファーコートも素晴らしかった。カールはまさに、ファーを新たなレベルにまで引き上げてみせたと言える。

 また、足元にはレザーの花弁をあしらったシューズを合わせたり、そのものが花束であるかのようなバッグなど、ロマンティックなアクセサリーもスタイリング。

 そして何よりフィナーレで印象的だったのは、カールが三度姿を現してお辞儀をしてみせたことだ。先日「シャネル」のショーの後パリ市名誉勲章を受章しただけに、非常に感動的な光景だった。
posted by ft5hu7s1 at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: