2017年03月10日

同画塾でカミーユ・ピサロと出会う

1z.jpg
 翌年、本格的に絵画を学ぶためにパリへ出て自由画塾アカデミー・シュイスに入り、この時、同画塾でカミーユ・ピサロと出会う。1860年に兵役で入隊するも病にかかり帰家、1862年に入ったシャルル・グレールの画塾で、ルノワール、アルフレッド・シスレー、フレデリック・バジールらバティニョール派(後の印象派)と呼ばれる画家たちと知り合い、共にフォンテーヌブローの森で作品を制作。

 1863年エドゥアール・マネがサロンに出品した『草上の昼食』、1865年に出品した『オランピア』に示される伝統破壊的な絵画表現に注目、同氏と交友をもつようになるほか、同年この4人で同画塾を去る。
posted by ft5hu7s1 at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

窓淵を利用してディスプレーした個性的で秀逸なアイディア

ベッド近くの壁は、案外スペースがあることが多いですが、そこにウォールステッカーをプラスすることで、ユニークな感覚を追加してくれます。鳥かごを描いたステッカーを、窓淵を利用してディスプレーした個性的で秀逸なアイディア。

置く場所に困る洗剤やランドリー用品は、おしゃれに揃えた容器に詰め替えて、ウォールシェルフに並べるだけで、インテリアとしてのおしゃれ感が格段に出ますね。憧れの空間づくりは、テーブルや椅子、ベッドなど家具が大きな印象を与えるのはもちろんですが、高価なものなので、なかなかすぐに揃えるのは難しいというのが本音。それに比べてウォールデコレーションは簡単かつ気軽にできるもの。

壁を上手に利用して、自分の好きなデザインに囲まれることで、憧れていた自分らしくリュクスな空間に近づきます。目指したい空間のテーマを決めて、小さなところから少しずつ洗練されたお部屋作りにチャレンジしてみましょう!
posted by ft5hu7s1 at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

この地図が確かに存在した証拠ともなりうるわけである

 地図の表面には壁に吊り下げられているが故のたるみやひび割れがあり、それに当たる光と影鯵さもありなんと思わせるほどの生々しさで、思わず実際の室内を覗き見している気分になってくる。そして想像ではここまで描けないだろうから、地図学史的には、この地図が確かに存在した証拠ともなりうるわけである。
5a.jpg
 実際、フイッセル家がこのような都市図を付随する大型の17州地図を作製したかどうか議論されていた時も、この絵が証拠として語られていたし、l蛇年にはパリの国立図杏館で地図本体が後追いの形で発見されている(fi 9.1)。
posted by ft5hu7s1 at 15:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする