2016年09月26日

いつも重要な役割を果たしていたこと

既に1700年頃に、アントウェルべンの歴史家バべブロヒウスは、この型者が選択された理山を、当|昨この兄弟会はへルマン・スプライト神父によって指導されており、この人物が自分の洗礼名の聖人を崇めようとしたためということに帰着させている。
1.jpg
だが恐らく実際の理由は、かつてアントウェルべンにおけるプレモントレ会は、この会の創設者型ノルべルトが自分の都市の守護型人とされていることと、最古のプレモントレ会修道院の一つである聖ミカエル大修道院の存在とによって、いつも重要な役割を果たしていたこと。
posted by ft5hu7s1 at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

脱ぐか、脱がないかは本人の自由

 FKKの理念は「衣服は自然の姿を覆い隠す偽りのもの」だ。木柵で囲まれた敷地の中は別世界が広がる。バドミントンを楽しむ若者たちも、身につけるのは靴下とスニーカーだけ。湖畔を散策する家族連れは裸にリュックサックを背負う。斧を振るってまき割りに励む老人も、庭先で優雅にお茶をすする夫婦もやはり素っ裸だ。

 とはいえ、裸になることを強制はしない。湖やプールに入るとき以外は、脱ぐか、脱がないかは本人の自由だ。一方で「他の会員を尊重する」ことを不文律とする。例えば、相手の体をじろじろ見るのはご法度。写真撮影も事前に許可を得なくてはならない。

 その起源は古代ギリシャやローマ帝国の時代までさかのぼるとされる。「裸の本」の著書があるオーストリア人研究者、フォルクマール・エルマウターラー氏(59)によると、20世紀初頭にFKK文化が花開いたのは中欧、とりわけドイツとオーストリアだった。

 「カトリックの保守的な思想が根強いフランスや南欧は遅れた。他方、個人でFKKを楽しむ傾向が強いオーストリアに対し、ドイツでは組織化が進んだ」とエルマウターラー氏は分析する。
posted by ft5hu7s1 at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

個々の領域ごとの導き手として捉えられていた

2d.jpg
この著作では、著者の全く独自の編集方針に従って、9人のミューズたちは絵画にかかわる九つの領域を学ぶ者にとっての、個々の領域ごとの導き手として捉えられていた。

スライテルによれば、リーバ/べルスのみならず、当代の17世紀の時においても、クリオは「名誉心(eerzucht )」と歌われ、古典的教養の豊かな人文学者、F・ユニウス(Junius)によっても、クリオの名は「良き評判あるいは名声」とされ、さらに人々が自分の栄誉を高めるためにまず芸術を実践する場合、人々を学習の努カへと鼓舞してくれる、最初の刺激であると述べられている.
posted by ft5hu7s1 at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする